ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Entries

イギリスのガーデニングと・・

イングリッシュガーデンが雑誌で有名になり
 みんなが憧れ始めてから、もう久しくなりました

みんながこぞってバラを植え
 宿根草との組み合わせに萌えました

・・と過去形のように書きましたが

最初は物まねのようでしたが
 日本の気候風土や日本人の気質や文化のなかで
次第にオリジナルなものになってきたと思うからです


chi46_convert_20170509235051.jpg

・・とは言っても、美しいものは美しい・・
 イギリスの気候に中間色の色彩はとても映えますし
その情熱やアイディアはさすがとしかいいようがありません

chi44_convert_20170509235211.jpg

もう、随分古い写真ですが
 イギリス、コッツウォルズ地方の風景です
どの村も、おとぎ話のようです
 でも、そこに生活があるのにも驚かされました

DSCF0197_convert_20170510011251.jpg

これは茅葺き屋根の家、壁はコッツウォルズストーン
 建物周りが、どこも可愛らしく美しい

DSCF0209_convert_20170509235153.jpg

蜂蜜色の例えのある、これがコッツウォルズストーン
 敷地の区切りはどこにでもこの塀があります

そして、この石積みのことをドライストーンウォーリングといいます
 セメントなどは一切使ってないので
たとえ崩れても、廃棄物もなく積み直しができます

DSCF0203_convert_20170509235135.jpg

横に積んでいくのですが、てっぺんだけ縦に積みます
 丁度、飼われている鶏が写っていますが
その鶏のトサカの形のようなのでコックスヘンと言うそうです


DSCF2325_convert_20170509235253.jpg

こちらの写真は
 今回バスツアーで訪れるシンプリーガーデンの看板
ドライストーンウォーリングが各所に使われています
 コックスヘンも写っていますね
 
DSCF2410_convert_20170509235311.jpg

実は、もう随分前ですが
 私たちもここでドライストーンウォーリングを
  このイギリス人資格者の講師に習ってきました
塀は、横から見ると下が広がっていて安定性があり
 案外場所を必要とするものでした


DSCF2411_convert_20170509235335.jpg
私達も積んだ花壇の土留

シンプリーガーデンのオーナー、佐藤春子さんは
 毎年イギリスに出向き、種などを購入し
  その種から苗を作り植栽しています

その独特の色彩とコーディネートは自然風ですが
  なかなか他では見られない雰囲気があります
 だからこそリピーターが多いのだと思います

今回のツアーは、彼女がだいぶ骨を折ってくれました
 あの細い身体で忙しく働く彼女に感謝し、訪問します

                     裕 

入荷情報

 連休中、たくさんの方のご来店ありがとうございました!
  初めて来てくださる方も多く、
 とってもにぎやかなGWになりました

 寄せ植えをしたいというお客様が多かったようですね
   そんな方たちのためにも、
 まだまだこれから寄せ植え用の苗、入荷しますよ~!

 まずはすでに店頭に並んでいるものからご紹介します

 
 IMG_4030_sRGB.jpg
          オレガノ ケントビューティー

  毎年大人気!ピンクに色づく苞がかわいいですよね!
寄せ植えにしたり、ドライフラワーにしてお家の中に飾ったりと、
 いろいろ楽しませてくれます

   
 DSCF2431_convert_20140501084719.jpg
       八重ペチュニア サマーパープル

  上品な薄紫色。八重咲きなうえ、こんもりと育ってくれるので
 単体で植えてもとっても豪華になります
 
 DSCF2613.jpg
            シレネ スワンレイク
   
  めずらしい八重咲きのシレネです!
 うつむいて咲く姿が可憐でかわいい
 
  この他、寄せ植えの名脇役
 ロータス クレティクス、ディコンドラ シルバーフォールズ
 などのシルバーリーフや、
 人気のカカリアはピンク、オレンジ、ブルーの3色、
 ブルーサルビア、ロシアンセージなど庭植え用のお花も入荷しました♪

 来週には、やっぱり毎年人気の
 ユーホルビア ダイヤモンドフロストや
 千日小鈴も入荷の予定です!

  母の日用のプレゼントをお探しの方、
 アンティークカラ―のミニバラや
 とってもいい香りのナデシコなどもありますよ!
  ぜひお越しください

           彩花

  


 

オリーブオイルの使い方講習会

五感を呼び覚ます料理教室!


DSCF9483_convert_20170501083717.jpg

日 時 5月17日(水)
     10:30〜13:30

講 師 アサクラ代表 朝倉玲子さん

参加費 3500円

メニュー アスパラのポタージュ
      アスパラと椎茸のオーブン焼き
      古代小麦サラゴッラのジェメッリ・チェチのトマトソース
      グリーンサラダ
      チェチのマチェドニア


私も昨年は、アスパラのポタージュの
 その美味しさに感激し、何度も何度も作ったほどです

今回のチェチ水煮のマチェドニアは驚きですよ!

まだ大丈夫です、皆さんも
 オイルと塩だけのアサクラマジックのような
  超シンプルで美味しい感動を味わってみませんか?


DSCF9485_convert_20170501083738.jpg

今回、写真右から3本目のオイル
 アクアサンタの生産者、アントネッラさんが来日しました

幸運にも、彼女直伝のお料理の講座を
 私も受けることができました♡

驚きの食材!なんと、その中にはふきのとうやタンポポも!
 フキはイタリアにはないそうですが・・
それは、ラビオリという形で現れてきました!

タンポポは、彼女はイタリアでは
 毎日のように食べているそうです
  すごいデトックス!!なんですよ

今回、古代小麦での生パスタも作りましたが
 難しくないのに美味しい・・
アントネッラさんも太鼓判のポモドリーノ(写真左の方)
 との相性バツグンでした 


森の風でも
 古代小麦を使ったお料理、生パスタやクレープなど・・
そんな講座も考えたいと思っています
   お楽しみしていてくださいね

                裕

入荷情報

一年草、宿根草、いろいろ入荷しました!
まずはペチュニア

          ヨコハマ ブルーライト
     爽やかな青がきれい!
y-10.jpg
  咲き進むとこんなに透明感のあるブルーに
 なります! 
 育ち方はお花は中小輪で、ドーム型。
     

      ヨコハマ ピーチファンデーション
  落ち着いたピンクのグラデーション
 銅葉と合わせてシックな寄せ植えにしたいですね!
  こちらも中小輪でドーム型。

fc2blog_20170424215547698.jpg
      ヨコハマ クラシカルハーモニー
 アンティークな雰囲気のアプリコット。
 他の2種に比べて花が大きめの中大輪ですが
 草姿はコンパクトにまとまるようです♪

ピーチファンデーション以外は今年の新作です
寄せ植えにぜひどうぞ

こちらは存在感バツグンの
      サルビア ファイヤーセンセーション
s-1-2.jpg
鉢植えでも地植えでもOK
なんどか切戻すとこんなボリュームに!
DSCF4905_convert_20150423213615.jpg
ガクの色も素敵です


IMG_0032.jpg
        ラグラス バニーテール
 フワフワかわいい
 こぼれ種で出てくる姿もかわいいですよね
      

おさがしだった方、お待たせしました!
リグラリア ブラッドマリークロフォード入荷です

その他、
やっぱり欠かせない
プルモナリア!4種入荷してます
らぼのガーデンでもこんなにきれいに

お花だけでなくカラーリーフとしても素敵ですよね!

来週には
ダブルインパチェンスやミニバラが入荷する予定です!
詳しくはまたお知らせしますね
               彩花

日々是好日

高月美樹さんをお招きして、23日に開催された
 「循環する時間 和暦を知る」
   自然からのギフト

DSCF9420_convert_20170417115719.jpg

もともと暦とは、 「日を知ること」
 聖(ひじり)とは、日を読める人のことだったそうです


現代の私たちにとって「日」を読むとは
 日々無責任に流され溢れる情報や一方的な評価・・
  それらに惑わされることなく
「今、何が自分にとって一番大切なことなのか」を
  感じとれる力なのかなと思います


目の前の対価や成果ばかりに気を取られず
 自分が信じることを無心にやり抜く
その結果はいつかどんな形でか分からないけれど
 必ず自分に還ってくる・・・

どんな災害があろうとも、気象変化があろうとも
 春がくれば花は咲き、秋が来れば葉を落とし来年に備える・・

私はいつも、そんな「自然」に教えられ
 そして、いつもいつも「自然」から守られ
  与えられてきたと改めて感じます


そして 
 参加者全員が、それぞれに「何か」を感じとった
 とても深く、静かに心に響く時間でした

  美しい時間でした
   高月さん、皆さん、ありがとうございました


garden2_convert_20170425094405.jpg
  蓼科ガーデン ボーダーガーデンのひとつ


さて、6月17日・18日の「森の風バスツアー」ですが
 まだ空きがございます

今回訪問する、恵泉女学園大学「蓼科ガーデン」は
 日本で初めて作られたイングリッシュガーデンです

「自然との共生」をテーマに
 観光ガーデンのような派手さはないですが
  素晴らしい精神性のある清らかなガーデンだと思っています

研修ガーデンのため、以前は
 一般には公開されていませんでしたが
趣味の園芸にもたびたび取り上げられるようになり
 現在は、研修目的の団体のみ見学することができます

今回は、ずっとこのガーデンを長年管理されている
 小澤文子さんに、ガーデンの案内と
   研修を受けさせて頂きます


高月さんのお話に通じますが
 自然との共生は
人間ばかりでなく地球上に生きるみんなが幸せになることです

それは、自然の願いであり
 一人一人がそこに心をシフトすれば
  地球は愛に満ちた美しい世界になるのでしょう・・ね 


その他、
 リピートしたい要望が多いシンプリーガーデンなどなど
  ご一緒しませんか?

お申し込みお待ちしております

                      裕

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム