ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Category [森の風通信 ] 記事一覧

紙漉き

和紙の原料である コウゾ が どんな植物か知らないでいたのですが昨年、苗を頂き植えてみました コウゾ (ウィキペディアから) 先日、海老根和紙保存会の方からお誘い頂き 紙漉きを体験することができました昔は寒い時期の 地域農家の副収入としての産業だったそうですこれは、上の写真のコウゾの枝を同じ長さに切り それを茹でて皮をむき、乾燥させたものその乾燥させた皮は、さらに茹でられ繊維状にし この水槽の中は...

生け花

1月末でしたが 近くまで行ったので、ちょっと足を伸ばして白州次郎・正子夫妻の住まいだった  武相荘に寄ってきました今は美術館とレストランになっています  武相荘と書かれた白壁が木漏れ日が模様を作りとても美しく、素敵!目利きだった白州正子さんの 写真集や本でよく見ていた器や室内に興味津々この壺は鎌倉時代のもの いわゆる「海上がり」だそうで  最初は貝が一杯ついていたそう写真集で見ていたアングルで私も...

和暦 

一般にいう旧暦とは 太陽と月の周期を併用した太陰太陽暦で太陽のリズムでわかるのが季節 月のリズムでわかるのが日にち長い間日本人は 月の満ち欠けと季節の変化という異なる二重の時間軸を感じながら生活していました           (和暦日々是好日)季節の目安となる二十四節気や七十二候、雑節は いわゆる「暦の上では・・」と、よく使われるアレです知れば知るほど、昔の日本人の 自然の循環の理に叶った生活が...

和暦

和暦の元旦は立春に近い新月の日 そして、今日がその一年の始まりの日です   いわゆる旧正月とも・・                  武相荘の竹林昔は月を見れば日にちが分かりました 新月が一日で三日月は三日、満月が15日下限の月が消えると、つまり新月になるとまた一日に夜空を見上げる機会が、大人になるに従い少なくなって 自分も月という存在を遠ざけていましたが   改めて和暦の合理性に感動しています  ...

ガリカ・ローズ

暖かなお正月から一転 少し溶けて来たとは言え、庭には雪が残っています皆さんのお庭は如何でしょうか冬はバラの手入れの時期ですが この辺は、雪のお陰で予定通りにはなかなかいきません何軒かのお客様のところの剪定に伺う日も 少し様子を見させて頂いています  勿論、我が家のバラたちのお手入れもお預け お気に入りの このロサ・ガリカ・ベルシコロールも  手入れが追いつかず、今ではらぼの庭に移植されましたこれは...

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム