FC2ブログ

ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスツアー

バスツアーのこと

今年は、ガーデン巡りではなく、山形の「ハチ蜜の森キャンドル」
を訪問する自然体験ツアーなりました。
それには、次のような思いがありました。

皆様に支えられ、ツアーも10年以上も続けることができましたが
ここでもう一度立ち止まり、「森の風」の根っこの部分である、
「自然との向き合い方」について
皆さんと一緒に考えられるような機会があったらいいなあ・・と
思いました。

kj.jpg
  らぼのロサ・ムリガニー、今満開です


少し前、ミツバチが突然いなくなる現象が話題になりましたね。
これはCCD(蜂群崩壊症候群)と言われ、ヨーロッパや米国で
たくさんの事例が見られました。
日本での事例も確認できました。


農作物の4分の3は、ミツバチなどの花粉媒介昆虫に頼って
います。
ミツバチがいなくなるということは、単にハチ蜜が無くなる
ことだけではなく、食料の危機にも繋がっているのです。

EUは、この4月にCCDの要因の一つといわれるネオニコチノイド
系農薬の屋外農作物への使用を禁止しました。(日本は緩和)


もらって返す

私たちは、多くの動植物の命を頂いて生きています。
でも自然界の動植物は「もらって返す」、等価交換の食物連鎖
で繋がっています。

人間だけが自然破壊や環境破壊、さらに日本は、
奪うだけでなく世界有数の食物大量廃棄国です。

また、膨れ上がる医療費に伴い、その薬は私たちの排泄物と
なり、
生産性を上げる肥料や農薬、益々増える家畜の糞尿も、
地下水に入り水源や海を汚し続けています。
(今やそれらの化学物質は、飲料水からも検出されているそうです)

奪い、廃棄し、汚し続ける人間。
それでも、足元に目をやれば、雑草や大地、その下には膨大な
数の虫や菌類、微生物・・、
彼らは私たちが廃棄したモノを分解し、汚れたモノを腐敗させ、
なんとか自然の均衡を保ってくれています。


安藤さんのこと

今回訪問する「ハチ蜜の森キャンドル」の安藤さんが、以前
体験教室で、ある子どもに言われたそうです。

「安藤さんは、ミツバチの食べ物もおうちも取って悪い人だ。
ミツバチがかわいそう。私はハチ蜜を食べない」と。

当時、国をあげての山林開発、ダムやゴルフ場開発など自然が
急速に壊されていたとき、自然体験を通して環境保護活動を頑
張っていた若い安藤さんは、とても意気消沈してしまったそうです。

po.jpg
  蜜ロウソクの優しいあかり


ミツバチが一生かかって集められる蜜の量はわずか小さじ1杯。
その蜜をお腹で十分の一の蝋に変え巣を作ります。不要な巣
を収穫しているとはいえ、100gの蜜ロウソク1本には、およそ
300匹以上の一生が詰まっているのです。


そして彼は必死で考えました。
その結果、美味しいハチ蜜や優しいあかりの蜜ロウソクはどう
やって私たちのところに届くのか・・。

蜜ロウソク製造、養蜂の仕事、ミツバチの働き、蜜源植物、それ
らを抱える豊かな自然・・、そのつながりをたどる内容にしよう・・
そこには「感謝」というメッセージが込められています。


せめて食べるたび、使うたび、感謝の念が感じられたら、
奪うだけの人間も、何かしら返す行動に近づけるのではないか・・

他の命に手をかけ消費者に渡す仕事をする者として、それを伝
える事が自分の役割、自分にとっての返す行動ではないか、
と思っているのだそうです。

私は、そんな安藤さんを尊敬しています。

lo.jpg
 無肥料無農薬でも元気に育つ植物たち


思いをつなぐ

地球のバランスが危ういと誰もが感じています。
それは、人間の奪うだけの行動の結果かもしれません。

私たち人間も、本来、自然のほんの一部にすぎません。

このツアーが、何かを感じ、
私たちの何か返す行動のきっかけにでもなれたなら
嬉しいなあと思っています。

皆さん、ご一緒しませんか?

                 森の風 菊地裕美

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。