ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Entries

イギリスのガーデニングと・・

イングリッシュガーデンが雑誌で有名になり
 みんなが憧れ始めてから、もう久しくなりました

みんながこぞってバラを植え
 宿根草との組み合わせに萌えました

・・と過去形のように書きましたが

最初は物まねのようでしたが
 日本の気候風土や日本人の気質や文化のなかで
次第にオリジナルなものになってきたと思うからです


chi46_convert_20170509235051.jpg

・・とは言っても、美しいものは美しい・・
 イギリスの気候に中間色の色彩はとても映えますし
その情熱やアイディアはさすがとしかいいようがありません

chi44_convert_20170509235211.jpg

もう、随分古い写真ですが
 イギリス、コッツウォルズ地方の風景です
どの村も、おとぎ話のようです
 でも、そこに生活があるのにも驚かされました

DSCF0197_convert_20170510011251.jpg

これは茅葺き屋根の家、壁はコッツウォルズストーン
 建物周りが、どこも可愛らしく美しい

DSCF0209_convert_20170509235153.jpg

蜂蜜色の例えのある、これがコッツウォルズストーン
 敷地の区切りはどこにでもこの塀があります

そして、この石積みのことをドライストーンウォーリングといいます
 セメントなどは一切使ってないので
たとえ崩れても、廃棄物もなく積み直しができます

DSCF0203_convert_20170509235135.jpg

横に積んでいくのですが、てっぺんだけ縦に積みます
 丁度、飼われている鶏が写っていますが
その鶏のトサカの形のようなのでコックスヘンと言うそうです


DSCF2325_convert_20170509235253.jpg

こちらの写真は
 今回バスツアーで訪れるシンプリーガーデンの看板
ドライストーンウォーリングが各所に使われています
 コックスヘンも写っていますね
 
DSCF2410_convert_20170509235311.jpg

実は、もう随分前ですが
 私たちもここでドライストーンウォーリングを
  このイギリス人資格者の講師に習ってきました
塀は、横から見ると下が広がっていて安定性があり
 案外場所を必要とするものでした


DSCF2411_convert_20170509235335.jpg
私達も積んだ花壇の土留

シンプリーガーデンのオーナー、佐藤春子さんは
 毎年イギリスに出向き、種などを購入し
  その種から苗を作り植栽しています

その独特の色彩とコーディネートは自然風ですが
  なかなか他では見られない雰囲気があります
 だからこそリピーターが多いのだと思います

今回のツアーは、彼女がだいぶ骨を折ってくれました
 あの細い身体で忙しく働く彼女に感謝し、訪問します

                     裕 

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: