ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Entries

ガリカ・ローズ

暖かなお正月から一転
 少し溶けて来たとは言え、庭には雪が残っています
皆さんのお庭は如何でしょうか

冬はバラの手入れの時期ですが
 この辺は、雪のお陰で予定通りにはなかなかいきません

何軒かのお客様のところの剪定に伺う日も
 少し様子を見させて頂いています  


DSCF2378_convert_20170124171122.jpg

勿論、我が家のバラたちのお手入れもお預け
 お気に入りの このロサ・ガリカ・ベルシコロールも
  手入れが追いつかず、今ではらぼの庭に移植されました

これはロサ・ガリカ・オフィキナリスの枝変わり
 オフィキナリスは「薬用の」という意味ですが
もとのバラの、ばら水や砂糖漬けは
 薬用に用いられてたことの表れなんだそうです

このベルシコロールはピンクと白のストライプ模様が特徴で
 花色は個体差がありますが
  我が家の彼女は特に色白のように思います

「ロサ・ムンディ」という別名もあり、それは
 英国のヘンリー2世の愛妾の名前からなんていう説もあります
私は、何となくクラシカルな感じが好きなところです

そのうち、らぼの庭でも咲く姿が見れると思います 



cardinal_de_richelieu_convert_20170124175755.jpg

カルディナル・ドゥ・リシュリュー
 まだ、これは我が家の庭に健在ですが、同じくガリカ系
  とっても紫色に近い赤 

ガリカ系は赤が多く
 品種改良の元に多く用いられてきたそうです

ナポレオンの皇妃ジョセフィーヌの
 マルメゾン宮殿のバラ園には150品種ものガリカローズの
   園芸品種があったそうです
ジョセフィーヌのバラ収集は有名で
 お抱えの園丁もいて改良もそこでも行われていたのでしょう
そして
  お抱えの画家は あのル・ドーテ


また その大元の ロサ・ガリカのガリカは
 あのガリア戦記の古代ローマ時代
現在のフランスを中心とした広い地域を「ガリア」と
 呼んだことに由来しているのだそうですよ


DSCF2499_convert_20170124170918.jpg

これは舞木駅前にあったガゼボの風景ですが
 覚えていて下さった方もおいででしょうか?

ピンクのバラはボニー
 いい感じにガゼボを覆ってくれていましたが
ここも移転することになりました
 撤去だったので、雪も残る中伐採されました

根元は太く立派に成長し
 頑張って舞木駅前の景観を作ってくれていたんだなあと・・
伐採しながら
 「長い間 ありがとうね」 
 やはり、声をかけずにはいられなくなるのでした

                     裕

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム