ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Entries

落ち葉は宝物

いよいよ雪の季節になってしまいました
 そろそろ外のお仕事も最後の頑張りです

その冬前のメンテナスの仕事には
 解消できない私の悩みがいつも付き纏います


DSCF6747_convert_20161214114634.jpg
        大きな鉢の植え替えのお仕事

先日も書きましたが、秋の仕事は
 剪定や刈り込み、除草や落ち葉掃除、マルチング・・
  すっかりきれいにしてナンボのお仕事です

その悩みというのは、「すっかりきれいにすること」なのです
 「え?矛盾してるでしょ」と言われそうですが
私にとって枯れた植物や庭木の落ち葉は
 先日のお話ではないですが
決して「汚いもの」なんかではなく「宝物」なんです
  それを廃棄しなければならない葛藤

その悩みを書いていると、少し長い文になりそうですが・・



植物を健全に育てるための土壌を作るには
 土壌に腐植物質をたくさん増やすことです
  
林床のあの黒々としたふかふかの土を思い出してください
 動植物の遺体が長い時間をかけて分解され
  素晴らしい腐植物質に変わった状態です

つまり、枯れた宿根草や庭木の落ち葉だって
 本来はそういった腐植物質になれるものだからです


  DSCF6054_convert_20161214113637.jpg
  これらの落ち葉だって役割がある


それが、特に除染後投入された有機質皆無のような
 ジャリジャリの土ならなおさら!
   本当は大切な大切な資源です

除染後の、そんなお客様のお庭では
 まず通常のメンテナンス、つまりすっかりきれいにはします
でも、それだけでは一向に健全な土壌にはなれません

私たちは
 少しでも理想の土壌(柔らかく水はけ水持ちよく暖かい)に
  近づけたくて、除草しながら締まり過ぎた土を中耕しています
除草が必要な場所には全てに中耕の手を入れています

そうして酸素が入りやすくなったところに
 腐葉土かバーク堆肥(有機質)でマルチングしています
こうすることにより
 多少なりともミミズや微生物が働きやすくなります

一度で改善されるものではありませんから
  伺うたびに根気よく繰り返しています


DSCF5560_convert_20161214113222.jpg
   実は、雑草だってあり難い
    根を張って土を柔らかくし、枯れた根は腐植質になる


お金をかけなくてもご自分でもできます

「たい肥の作り方」なんて難しく書いてある本もありますが
 場所が許すのならですが、できる範囲で取り合えず
抜いたり刈り込んだりしたものを積んで置いてみてください
  (絶対青いままは土に埋めない、積むだけです)

土に接触したところから黒い物質に変わってくるはずです
 ミミズや微生物がちゃんと仕事してくれるんです
  梅雨時期から夏にかけては驚くほど早く分解します


   DSCF8950_convert_20161214113416.jpg
    時にはこんなお仕事も
   この急斜面、ヤブ状態だったところを伐採、除草後
    足場を移動しながら、匍匐性のグランドカバーを植えているところ
   たくさんの植物が生えたり枯れたり堆積したりして
    破け始めた土のうの砂が、かなり黒い土に変化していて驚き!

    
場所がない、小さい庭だから・・と、
   諦めている方にもできることはあります
分解しやすいものだけを小さなスペースで試してみるんです

分解に時間がかかるもの 樹木の枝や木質化した草
分解が比較的早いもの 草花の根、柔らかい草や葉

終わってしまった寄せ植えなんて最高!
 その根や使い古しの培養土なんて絶対捨てないで下さいね
  まずは庭の見えないような場所に積んでみる事からです


仕事ですっかり「きれい」にしなくてはならないという悩み
 最近は、できそうな場所があれば、お客様にお話しして
分解しやすそうなものだけを多少なりとも
 あまり見えないところに積んで置いたりしています

でも、土作りは一夕一朝にはいきません
 直ぐに効果を求めない長い目と広い心が必要です
・・そんな認識が広まればいいなあと思っています

     悩みが解決した訳ではありませんが
     長い文お付き合いありがとうございました

                       裕


スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: