ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Entries

落ち葉は汚い?

私たちのお仕事は
 お庭作りの他にお庭のメンテナンスがあります

樹木の剪定や、低木・宿根草の刈り込みや整理
 バラの剪定、誘引や仕立て直しなど様々です 

DSCF8924_convert_20161213201933.jpg
  香りのベンチ(花期にはジャスミンの香り)

ここは、クリニック
 冬前の手入れが終わりパンジーや球根を植え終えたところ
アーチには常緑のテイカカズラを絡ませていますが
 夜になるとイルミネーションがきれいなアーチになるんです
(因に、大きな樹や壁面は毎年、本当に素敵なイルミネーションに
  飾られるんですよ)

 
秋まで、周りは宿根草でもりもりとしているのですが
 こんな風に、冬前の手入れでサッパリと刈り込まれます  


DSCF8927_convert_20161213202020.jpg
 アーチの足元にはクリスマスローズ(パンジーの奥)
  まさにクリスマスに開花します



ところで、あるお宅でのこと

お施主様が大好きな木だったコブシを小さくしてほしいとのこと
 コブシは高木で雄大な樹形がとても素敵な樹です
 亡くなったご主人とも想い出のある樹なのに・・・

これくらいとおっしゃった大きさは
 もはやコブシの良さは微塵もなくなり
  幹にかろうじて枝が数本と葉がお印程度に残るくらい
私が「え?こんなに?」と確認すると
 「落ち葉は汚いらしいので・・」と

いろいろお尋ねしていると、
 お施主様の片方のお隣の方は植栽が嫌いで
  敷地全部がコンクリート
もう片方のお隣の方は
 「落ち葉は汚いので街路樹を切るように」と
  市役所に苦情を入れたのだそうです

生前のご主人もよく知っていましたが
 お二人とも自然が大好きで、お二人で造ったお庭でした
野鳥への造詣も深く
 バードバスとバードフィーダーをご提案で作ったりしていました


「顔を合わせれば、きっと自分も苦情を言われる」と
 かなりナーバスになっていたお施主様

聞いていると、要するに自分のところだけ
 面倒なものがなければいいということなのでしょうか

私たち人間は自然に生かされこそすれ
 自然が無くなってしまったら生きていくことなんてできない
でも、そんな想像力もなく
 都合のいい時だけ恩恵を受けれればいいのでしょうか

その両隣の方だけでなく、そんな人は増えているのかしら・・

 ・・・人間はここまで傲慢になってしまったのかなあ・・
    

「落ち葉は汚いものなのかしら・・ね」
  Sさんの言葉と現実を想います


                    裕
  

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム