ガーデンデザイン森の風

美しい「ふくしま」を創る

Entries

自然栽培のこと

昨年蒔いた自然栽培のエンドウは予想以上の収穫で
 作った本人が驚くほどでした 

DSCF7850_convert_20160609235804.jpg
      とても美味しかったスナップエンドウ


農薬は勿論、肥料も一切使わない自然栽培
  慣れない鍬を使い、仕事の合間に実験中です


  *******
自然栽培のこと

自然界はいつもバランスをとっているために浄化作用が働いている。
大地は植物とのコラボで常にもとに戻るように作用している。
自然界では土に肥料を入れるという現象や病虫害にあうという
現象もない。なぜなら自然界はパーフェクトにできているから。
自然本来の営みから外れた行為をすることによりバランスは
大きく崩れ、現象として病中害となる。

人も同じ、人間の身体も自浄作用でいつもバランスをとっており
口から入れるものや外からの精神的作用でバランスを崩す。
そこで薬などを使用すると、バランスをとるのに時間がかかり
治癒が難しく時間を要するようになる。
病気は自然治癒そのもの、バランスを建て直すための現象。

畑で起こる病害虫も全て自浄作用、畑が健全になっていく
ための現象。

 ナチュラルハーモニー代表 河名氏のお話
   アサクラ オルチョ通信 から引用

  ******* 


DSCF7842_convert_20160610000901.jpg

雨が少ないとパカパカに乾くうちの畑の土

肥料を貰っている他の畑の大きな作物を見ると
 たい肥や腐葉土でもやりたくなりますが、ガマン、ガマン 

日本中には、自然栽培で数十年来
 立派で美味しい野菜を作っている方々がいます
ある有名な方の畑は
 それはそれはとても素晴らしい土なのだそうです

自然栽培といっても、放ったらかしというのではなく
 その土地その人なりの努力をしています


私たちも、この土地にある草を刈っては
  ひたすら積んだりマルチングしたり
根の深い植物を植えて土を耕して貰ったり・・と
  できる範囲で試しています
 
 
DSCF7985_convert_20160609235015.jpg
   可愛いクラウンベッジの花

こちらは、らぼ前のガーデン
 ここも田んぼの土のようなボコボコの重い土

自然栽培まではいきませんが
 動物性のたい肥や肥料は入れません

このマメ科の植物は、花も可愛いし
 道路際の堅くてどうしようもない場所の土壌改良に
  そして緑肥になってくれます
  

土作りには時間がかかります
 でも、それが自然の時間なのでしょう

私たちは自然の僕 
 地球の細胞のひとつにすぎないんだと思います

                         裕


スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

morinokaze 森の風

Author:morinokaze 森の風
森の風は、郡山市でお庭の設計・施工をしています。
「もりのかぜ・らぼ」は、築60年の民家を改築した森の風の事務所兼イベントスペース。
ワークショップ開催や苗・雑貨の販売もしています。

営業時間 10:00~16:00
 定休  月曜 

もりのかぜ・らぼ のテーマは「ナチュラルライフ」、ガーデニングに留まらず、植物とは切り離せない「食」「自然」「環境」など、これからの時代、みんながハッピーに暮せる方法を楽しく考えていける場にしていきたいと考えています。
  

  


963-0671 
福島県郡山市富久山町南小泉字江ノ上142-1
TEL024-953-8705
FAX024-953-8725

カウンター

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム